中学校の合唱祭でピアノ伴奏をしました。

それまでのわたしはピアノを習っては居たものの、課程を代表して伴奏をする様なパーソナリティーでは無く、絶えず凡そ決まった塾生が伴奏役でした。ですがその階級は初々しい試しで何度か協議が繰り返されてやっと伴奏やリーダー、諸々の担当か決まりました。

そんな道筋も有り思いきって立候補したのですが、受験を控えて居た季節も有り段々とストレスが重くなって行きました。

断じて前奏から合唱に入るまでのタイミングがあわせられず、途中のテンポも合わない通り戦いを迎える時になってしまいました。現下思うと驚きですが、マジも合わない通り終わってしまいました。その頃のわたしは恥ずかしさの空間、口には出さないものの、歌を歌ってあるクラスメイトの方が下手だから合わないのだと思っていました。

何年か経って記録された私の伴奏を聞くと鬼門だった所は音色が1音色抜けて居ました。合わない筈です。さぞ何故合わないか解っておるクラスメイトも何人か居たでしょう。でも最後までわたしに伴奏を任せてくれていたんだというわかり、とっても申し訳なさと有り難さばかりになりました。

今となってはどうにもならないですし、青春時代のほろ苦い事象として今後の人生に活かしたいだ。最後の育毛剤選び!